パスワード忘れた!

シニア世代向けパソコンサポートサービス

パスワード忘れた!

パスワード 忘れた! 「あ!パスワード忘れた」


今まで何度経験したことでしょう。2~3回では収まりませんね

パスワードにも、いろいろなものがあります

・パソコン(Windows)のログインパスワード
・WORDやEXCELで作成したファイルにつけたパスワード
・メールのパスワード
・いろいろなホームページのパスワード
・ルーターや無線LANのパスワードやアクセスキー
・ネットワークのパスワード
・BIOSパスワード
などなど、多くの種類があります。

パスワード紛失に関する様々なご相談から・・

 弊社でもお客様からパスワード紛失がらみの様々なご相談があります。
一番多いのは、やはりパソコン(Windows)のログインパスワードを紛失(忘れてしまった)したというものです。

 パソコンのログインパスワードが分からなくなって、急ぎの御用ができず大変お困りになっているお客様、退職者のパソコンのログインパスワードが不明で、その方にも連絡がつかない為、必要な業務が滞っている会社様。

 次に多いのが、WORDやEXCELなどで作成したファイルにつけたパスワードを忘れてしまったというケース。

 WORDで書いた卒業論文に付けたパスワードを忘れ、締切り間近で青くなっていた学生さんもおりました。

多くのケースではパスワードの解析や解除が可能

 多くのケースではパスワードの解析や解除が可能です。でも100%必ずできるというものでもありません。弊社では、おおよそ9割の成功実績があります。文字数の多いパスワードや記号を使っているパスワードでは成功確率が低くなってきます。

パスワード解析&解除の実際

 パスワードは、暗号化されて保存されている場合と、パソコン内にはいかなるカタチでも存在しないものに分かれます。暗号化されているパスワードの場合は、どのような手法で解析するかが要点になります。時間を掛ければ解析できるというものではありません。

 ファイル内に暗号化して埋めこまれているパスワード(例としてWORDやEXCEL,Access,PDF等のパスワード等)の場合は、「パスワード総当り方式」により、時間さえ掛ければ解析可能です。

 以下、ご参考までに「パスワード総当り方式」で解析するのに要する概算時間です。
中~高性能クラスのパソコンを使って解析すると、

・アルファベットと数字で構成されたパスワード6文字→2時間程度
・同上 7文字→4~5日間程度

 実際的に、「パスワード総当り方式」で解析可能な文字数は、英数字混合パスワードの場合で6文字までとお考えください。もちろん、場合によっては7文字でも解析してみる努力はします。

しかし、如何なる場合も8文字以上は現実的に解析不能です(8文字の場合で約1年間かかります)。

パスワードの種類と解析&解除方法の分類

 下記に、暗号解析か解除が必要なパスワードと「パスワード総当り方式」で解析する必要があるパスワードをまとめました。

1.暗号解析か解除が必要なパスワード
・Windowsのログインパスワード
・無線LANのパスワード(アクセスキー)
・ネットワークのパスワード
・biosのパスワード

2.「パスワード総当り方式」での解析が必要なパスワード
・MS OFFICE文書(WORD,EXCEL,Access等)のパスワード
・PDFのパスワード

 セーフモードは、パスワードの解析や解除は成功報酬制(出張料は別途掛かります)で行っています。成功報酬額は\12,000~(税抜)で、パスワードの種類などによって成功報酬額が変わります。パスワードを紛失された場合、諦めずにまずはご相談ください(パスワード種類によっては、承れない場合もございます。また法に違反するパスワード解析や解除は承りません)。
 パスワードは忘れないようにしっかり保管・管理しましょう。ただし、セキュリティには厳重に注意しましょう。ちょっと前までは、パソコン画面にパスワードを貼ってる方もいらっしゃいましたが・・・